法学研究科資料室、
国際法制資料室
利用のしかた
国際法制資料室管理規程
  
国際法制資料室管理規程

  1. この規程は、大阪市立大学大学院法学研究科国際法制資料室(以下「資料室」という。)において管理・運用する図書及びマイクロ資料(以下「資料」という。)について適用する。

  2. 次の者は、資料室を利用することができる。
    (1) 法学部教職員
    (2) 大学院法学研究科学生(法曹養成専攻学生を除く)
    (3) 法学部・法学研究科名誉教授、非常勤講師、研究生、
      研修生
    (4) その他本学の教員、職員、学生
    (5) 学外者

  3. 前条第4号の者は、学生証等の身分証明書を提示して法学研究科資料室に申し出ることを要し、前条第5号の者は、資料の利用をあらかじめ大阪市立大学学術情報総合センターに申し出て、その紹介を受けて資料を利用するものとする。

  4. 資料の利用は、学内における閲覧及び複写に限るものとし、学外への帯出を認めない。ただし、マイクロ資料の利用については、資料室員の指示に従った利用方法のみが認められるものとする。

  5. 資料室の利用は、午前9時から午後5時までとする。土曜日、日曜日、祝日及び12月28日から翌年の1月4日までは閉室する。なお、資料整理等の都合により、臨時に閉室することがある。

 


Copyright(c) Osaka City University
[このサイトはInternet Explorer 5.0以降に最適化しています]